随分違いというものがありいろいなメソッドが選択されております

キャッシングサービスについての支払い方法は、会社各個で随分違いというものがありいろいなメソッドが選択されております。

一般的にはスライド方式やリボ払法がとられているみたいです。

かくのごとき誰もがわかっているリボルディング払ですけれども本当のところ算出方式には多様な種類があったりするのです。

そうしてそのよう形式により返済総額が異なってしまうのですから知ることで損はないでしょう。

わかりやすくこの2つの方式の違いに関して解説します。

最初は元金均等払いでその次は元利均等払いというものです。

これらはそう呼ばれているように、元金についてを均等にして払っていくというものと元金と利息をつごうで均一に支払っていく様式です。

今回のケースでは10万円をカードローンをしたと仮定して、実際のところどのような計算をするかやってみましょう。

金利はどちらも15%として計算します。

それからリボ払いについての額を1万円というように計算します。

ともかく元金均等払いです。

このような場合の最初の返済については1万円に利子分1250円を足した引き落とし金額となります。

その次の引き落しは1万円に利息分の1125円を加算した引き落とし額になるのです。

かくて全10回で引き落しをお終いにするといった方式となります。

これに対して元利均等払いとは初回の支払は1万円ですが元本に8750円、利率に1250円というようにして分配します。

次の引き落しについては元金が8750円に減少した状態で利息を計算しその1万円から再度分配します。

言い換えれば、元利均等払いの場合では10回で引き落しが終了しない計算になったりします。

これだけのへだたりで二者がどれほど相異なっているのかがたっぷりご理解頂けたことかと思います。

元利均等は元金均等に比肩し、明白にもと金が減っていくのが遅延しているという弱点といったものがあったりします。

換言すれば利子を余計に支出するといった状態になるわけです。

反面、初回の引き落しが少なくて済んだという強みもあったりします。

斯うした支払い方式についての差異により支払トータルというものが異なってきたりしますので自身の返済計画に合致する使い方を取るようにしましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.geos-london.com All Rights Reserved.