などでも変わりなく負担が必須なもののこと

自動車重量税、別称重量税とは、国内メーカーの自動車とかアメ車というような車の生産国や電気自動車、セダン等自動車の形状に例外なく、スズキやフォルクスワーゲン、などでも変わりなく負担が必須なもののことをいいます。ロスミンローヤル 評判

新車登録をするさい、あるいは車検に出すさいに支払わなければいけない税なのです。過払金返還請求をした後の生活

この支払額はそれぞれの愛車の車重によって決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全然違うものですからしっかり理解して間違えないようにしましょう。

「自動車重量税というものは重量により」「自動車税とは車の排気量により」金額が変わります。

それで、売却する際の扱われ方変わってきますので注意が必要です。

クルマを売却する際には既に納めた車の税金がいくら残っていた場合でも、その金額が返還されることはないです。

一方自動車税であれば、支払った金額を売却額に乗っけてくれるようなことがあるものの重量税の時は上乗せになるということはあまりないはずです。

重量税というのは車の処分時に支払った額が残っているとはいえ自動車の買い取り店にてそれが考慮される場合はまずないと思います。

ですので次回の支払い、要は車検に出すまで処分を待ち査定に出すという手法が無駄は少ないでしょう。

車買い取りの時は戻ってこない重量税ですが、ある場合では還付される可能性があります。

これに当てはまるのは、車検の効力が残存している自動車を廃車処理する際です。

というのは廃車申請をした時に残っている車検期間に応じた税金が返金されます。

しかし自動車の買取時はその車が廃車になるのとは違って戻ってきません。

それに、売却する車の名義の変更をしたケースや盗難被害に遭った時なども還付を受けることはできません。

重量税の残存期間がある愛車を買い取るということは車検がまだある中古車ということと同じです。

その辺りを買取店も計算に入れますから、自動車重量税が残存していれば、それなりに買取金額は上乗せされることでしょう。

勿論、買取額は買取業者次第で違ってきますが、車検の効力が残っている事実を考慮していただければ、売却する車の売却額と比べるとあまり払い損と考えることもありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.geos-london.com All Rights Reserved.