外資系の会社でアルバイトしていました

私は渡米前の19歳のときに、3ヶ月間、外資系の石油会社のエリアオペレーションでアルバイトをしていました。

エリアオペレーションの事務の女性が足を骨折して手術したので、その人がいない間、アルバイトをすることになりました。

書類などは英文が多くて、私は英語には強かったので、別に困ることはありませんでした。

私は仕事が早くて、すぐに終わらせてしまうので、その仕事ぶりを部長が認めてくれて、正社員にならないかと誘われましたが、私はまだアメリカに行って大学に行くという夢がありましたので、丁寧に断りましたが、正社員にならないかと言われるくらい、私は仕事ができていました。

その会社の中では一番若かったのですが、24歳くらいの女性が総務にいて、一緒にランチを食べたりしていましたが、OLの生活は余り楽しそうじゃないなと感じました。

そういう人達をみていたから、正社員になりたいと思わなかったというのも理由ですが、3ヶ月は楽しかったです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.geos-london.com All Rights Reserved.