www.geos-london.com

自己破産手続きの際抱えている債務に対して保証人が存在する場合は、早い段階で話しておくべきです。強調したいのですが負債に保証人がいるときは自己破産手続きの前にちゃんと考える必要があります。というのはみなさんが自己破産をして免責されると、その人が借り入れをみんな果たす必要が生じるからです。ですので、自己破産手続き前に保証人である人に過去の今の状態を報告しつつお詫びの一つもなくてはいけないでしょう。そういったことは保証人になるひとの立場で考えると当然のことです。借金をしたあなたが破産の手続きをすることで自動的に高額の支払い義務が発生するわけですから。そうして、そのあとの保証人である人の考慮する方法は以下の4つになります。一つめは保証人である人が「全部弁済する」という方法です。その保証人がそれら高額な借金をいとも簡単に支払うことができるキャッシュを持っていれば、この方法を取ることが選択できます。でもむしろ、自分で破産手続きせずに保証人となる人に立て替えを依頼して、自分は保証人である人に毎月返済していくという選択肢もあると思います。保証人がもし破産を検討している人と関係が親しいのならば、いくらか期日を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。また耳をそろえて完済できなくても貸金業者も話し合えば分割での返済に応じる場合も多いです。あなたの保証人に破産による整理を実行されてしまうとカネがすべて返ってこないリスクがあるからです。保証してくれる人がその借金をあなたに代わりまかなう財産がなければお金を借りたあなたと同じようにある中から債務の整理を選ばなければなりません。続いてが「任意整理」による処理です。この方法を取る場合貸金業者と示談する方法で3〜5年の期間で弁済していく方法になっています。実際に弁護士事務所にお願いするにあたっての相場は債権1件につきおよそ4万円。もし7社からの借り入れがある場合だいたい28万円必要になります。必要な貸金業者との交渉は自分ですることもできないことはないですが知識のない人の場合向こうが自分に有利な和解案を押してくるので、注意しなければなりません。それに、任意整理をする場合は保証人である人にカネを負担してもらうことを意味するのですから借金をしたあなたはちょっとずつでも保証人に支払いをしていく義務があるでしょう。次の3つめはその保証人も返済できなくなった人と同様「破産を申し立てる」ことです。あなたの保証人も返済できなくなった人と同様に破産宣告すれば、その保証人の責任もなくなります。しかしながら、その保証人がマンション等を所有している場合は価値のあるものを取り上げられてしまいますし法令で資格制限のある業界にいる場合などは影響があります。個人再生という制度を活用するといいでしょう。一番最後の4つめの手段は「個人再生をする」ようにします。マンション等を手元に残しつつ整理をする場合や、破産宣告では制限がかかる職にたずさわっている場合に選択できるのが個人再生による処理です。この処理の場合、不動産は残せますし、自己破産のような職業の制限、資格制限等はありません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.geos-london.com All Rights Reserved.