www.geos-london.com

破産宣告で抱えている返済義務に関し保証人となる人物を立てている場合には、きちんと相談しておいたほうがよいでしょう。ここで、強調したいのですがほかに保証人がいるときは自己破産の前段階に検討しておかなければなりません。というのは破産申告をして免除されるとその保証人がその借金をいっさいがっさい果たす必要が生じるからです。なので、破産手続きの前段階に、それらの詳細や今の状態を説明し、謝罪の一つも述べなくてはいけないでしょう。そういったことは保証してくれる人の立場に立つと当然のことです。あなたが自己破産することから、結果的に多額のローンがふりかかるわけです。そうして、以後の保証人である人の考慮する方法は以下の4つになります。一つの方法は保証人自身が「すべて返金する」というものです。保証人自身がいきなり何百万ものいとも簡単に弁済できるような資産を所有していれば、この手段を取ることができます。ただその場合は、そのまま破産せず保証人自身に立て替えをお願いして、自身は保証人に定期的に払っていくという手順も取れると思われます。その保証人があなたと信頼関係にあるのならばいくらかは弁済期間を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。いっぽうでまとめて返済ができないとしても、貸金業者も相談すれば分割による支払いに応じるかもしれません。あなたの保証人に破産による整理を行われてしまうと、貸金が一銭も返ってこないリスクがあるからです。保証してくれる人が債務者の借金を全額背負う経済力がなければ、お金を借りたあなたと同じく何らかの債務整理をすることを選択することが必要です。2つめは「任意整理をする」ことです。この方法は債権者側と話す方法により数年の期間内で完済していく形になります。依頼する際の費用は1社につき4万円ほど。7社からの借金があったなら28万かかることになります。もちろん相手方との交渉を自分ですることも不可能ではないかもしれませんが、債務処理に関する経験のない人の場合向こうが確実に有利な和解案を提示してくるので、慎重である必要があります。いずれにしても、任意整理を行うという場合もその保証人にカネを立て替えさせるわけなのであなた自身は長くかかるとしても保証人に返していく必要があります。次の3つめは保証人である人も借金した人とともに「破産手続きをする」場合です。あなたの保証人も借金した人と同じように自己破産を申し立てれば、保証人となる人の返済義務もなくなります。しかしながら、保証人がもしマンション等を持っているならば該当する個人財産を失ってしまいますし証券会社の役員等の業務に従事している場合影響があります。個人再生という制度を利用するといいでしょう。一番最後の4つめの方法は、「個人再生という制度を使う」ことです。不動産を残して負債の整理を行う場合や、破産では資格制限に触れる仕事に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生です。この方法の場合住居する不動産は残りますし、破産申し立てのような職業の制限資格制限等は一切ありません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.geos-london.com All Rights Reserved.